ユアサイド行政書士法務事務所ブログ

行政書士に関係する情報、全く関係ない個人的な事
要は色んな事を書いてみます。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 高架水槽を使っている建物の災害(停電)時対策(提案) | main | 2019年10月の注目情報 >>
ちょっとした呟き(外国人雇用について)
0

    先日、外国人を雇用したいという事業主向けの説明会的なものに参加してきた。

    講師は、入管と職安職員。

    参加したのは、外国人を雇用したいという事業主さんが、現状どのような事に困っているのかやどうして外国人を雇いたいのかという声を聞くため。

     

    自分の顧客等も声も踏まえて、やはり「人材不足」という声が聞かれた。

    募集しても応募が無い、すぐ辞めてしまう等。

    これに関しては、少し考えを改めた方が良いのかな?とも感じた。

    きちんと応募が来る企業もあるし、続けて働く従業員がいる企業もあるからだ。

     

    そんな状況で「外国人労働者」を求めるのはちょっと違うかな?とも感じている。

    まずは「なぜ応募がないのか」、「なぜすぐ辞めてしまうのか」を改善してからでないと、外国人労働者も当然「応募はしてこない」し「すぐに辞めてしまう」だろう。

     

    まず、最低限の状況として「賃金」を上げる事を検討してほしい。

    とは言え、恐らく中小の経営者は「それは、、、」と難色を示すだろう。

    でも、はっきり言いますが「外国人労働者の雇用」は日本人労働者の雇用よりもお金がかかります。

    もし、外国人の雇用を考えているなら、外国人の雇用「例えば特定技能での雇用」であれば、年間数十万円〜百数十万円日本人の雇用よりもお金がかかります。

    であれば!外国人の雇用にかかるそのお金の半分でも、単純に時給や月給を上げれば、それなりに応募は来るはずです。

    上記額の半分として月3〜5万程度、日給で1500円〜2000円、時給で200円〜250円。(応募来ますよね?)

    つまり、外国人を雇う場合、日本人よりも月6〜10万、日給で3000円〜4000円、時給で400円〜500円高くつくと言う事です。

     

    次に、すぐに辞めてしまうと言う部分ですが、これは給料以外にも問題があると考える必要があります。

    だとすれば、外国人を雇用した場合、その問題はより顕著になるでしょう。

    日本人ですら問題を認識できないのであれば、外国人の場合はよりその問題を認識しにくいです。

    今の時代「黙って経営者の言う事を聞け!」的な経営ではだれもついてきません。

    ついでに言うと「飲みにケーション」なんてのもさほど有効ではないです。

    「察しろ」なんてのも「お前が察しろ!」と思われるだけです。

    「会議で意見を聞く」なんてのも「仕事させろ!」と思われるだけです。

    ならどうやって?と思うかもしれませんが、簡単です「SNS」使えばいいんです。

    そこでもし「いや、ガラケーだし、、、」とか「SNSってよく分からない」と思った時点で、改善する意識が無いと言う事です。(つまり、従業員が辞めて行く体質は変わらないと言う事です。)

    そこで、マイナス査定には響かないから何でも言ってくれ!良いアイディアは取り入れるし、それで良い結果が出たら特別ボーナス出す!位の事ができると、従業員の視点は、自分の仕事だけと言う「点」の視点から、会社全体への貢献という「面」の視点に変わり、顧客の声に近い従業員の声が経営に活かされる体制ができます。

    外国人従業員も、日本語があまり使えなくても、スマホの「翻訳ツール」使えば母国語で言われても大体の事は分かります。

     

    ある企業経営者が言った言葉ではありますが「顧客のクレームは財産」、だとしたら「従業員の不満も財産」として考えてみてください。

    顧客のクレームは収益や商品向上の財産、従業員の不満は会社の質向上の財産です。

     

     

    最後に、絶対に勘違いしないでほしいのは「外国人は安い労働力」ではないと言う事です。


     

    | 行政書士 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック