ユアサイド行政書士法務事務所ブログ

行政書士に関係する情報、全く関係ない個人的な事
要は色んな事を書いてみます。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 老後2000万円発言とかどうでもいい、このくらいの政策出してみろ! | main | 相談と質問の扱いの違い >>
(ルールを守らない)外国人への説明の方法(コツ)
0

    さて、日々日本国内には外国人の数が増えている状況な訳ですが、そんな中、色々な場面で「ルールを守らない」外国人に接する事があるかと思います。

    私も仕事柄そういう機会は多い訳ですが、その際に、外国人に「本当に」納得してもらうためには色々な工夫をします。

    一番大事なのは、分かりやすい(簡単な)言葉で説明する事です。(さすがに全ての外国人の言葉には対応できませんので)

    もっと言い換えれば「可能な限り」「単語だけ」で説明することです。

    例えば、一方通行の道路について説明する時に、「ここは一方通行なので、この方向に車で侵入することはできません」等と言っても理解してもらえないでしょう。

    こういう時は

    ”玄韻鮖悗気靴董屬海琉(看板)」

    ⊆屬鮖悗気靴董崋屐

    侵入してはいけない方向に手を動かして「(こっちに)(走って)ダメ」、手で「×」を作る

    と言います。

     

    という前提で

    6月から永住許可のガイドラインが改定されました。

    特に注意すべきは、明確に「納税、健康保険加入、年金加入」が明示された事です。

    税金に関しては、多くの外国人は把握していますが、健康保険や年金は、これまで指摘される場合とそうでない場合がありました。

    また、永住の場合には「過去3年分」の証明書を要求されますので、その事も含め外国人に理解してもらう必要があります。

    が!

    表題の「ルールを守らない外国人」に対しては、この事を納得させることには苦労するかもしれません。

    説明した時には当該外国人は必ずこういうはずです。

     嵳達はそんな事言われなかった!」

    ◆屬覆鵑納分だけ!」

    「今から払えばいいでしょ?」

     

    ,紡个垢訐睫世牢蔽韻任后

    「6月からルールが変わった」

    △紡个垢訐睫世發曚榮韻犬任后

    「6月からルールが変わった」「いまから申請する人全員言われる」だから「あなただけじゃない」

    に対する説明はちょっと面倒です。

    なぜなら、結論としては「今から払ってもダメ」だからです。

    そういう時に当該外国人はこう言うでしょう「3年分払うなら同じでしょ?」「同じ3年分のお金でしょ?」

    さて、どう説明すれば納得するでしょう?

    私ならこう説明します。

     

    「泥棒がお金返したら泥棒してない事になる?」

    さて、これで納得するか?

    恐らくしません。

    こう言うでしょう「別に私泥棒じゃない!」(んな事は分かってる)

     

    では次

    「あなたの大事な宝物が盗まれて、盗んだ人がそれを壊して、3年後に同じものを探して返しに来た時、あなたは許せる?」

    さて、これで納得するか?

    恐らく自分を有利にしたいがために嘘でも「許すよ!同じ物だもん」と言うでしょう。

     

    では次

    「あなたの子ども(親や妻等でも可)を誘拐して乱暴して、3年間監禁して、3年後に返したら、あなたは誘拐と乱暴を無かったとして相手を許せるか?」

    ここまで言えばほとんどの外国人は「遡及はできない」と言う事を理解してくれます。

     

    もしこの説明でも「許せる!」と言うような外国人は、ほぼ間違いなく「法令違反を犯すような人(すでに犯している人)」ですので、私は関わる事(サポート)を止めます。(嘘をつかれるのが目に見えているので)

     

    とまぁ、こんな感じで、外国人とのお仕事(打ち合わせ)の場合には、日本人とのお仕事の場合よりも長く時間がかかります。

    (ついでに言うと、約束の時間を守らない事も結構ある。)

     

    そして、気を付けて欲しいのは、理解していなくても「分かった」と言う場合も結構あると言う事です。

    言い回しを変えたり、反対の事を言ってみたりして、「さっきと違う!」と指摘を受けたらちゃんと理解しているでしょうけど、そうでなく、再度「分かった」と言う場合は注意が必要です。

     

    とは言え、ちゃんと法律やルールを守ろうと頑張っている外国人も多数いますから、偏見は持たずに、「理解し合おう」という姿勢で接する事が大事です。

     

     

    | 行政書士 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック